ゴルフ上達法

ゴルフ100切りできない人の5つの共通点【結果を出す練習法紹介】

 

こんな事で悩んでいる方へ

・100切りを目標に練習しているけど、なかなか上達しない

・YouTubeや雑誌で色んな情報を得て、試しているけど、なにを信じればいいか分からない

・練習場では上手くいくけど、コースでは上手く打てない

・100切りした人の体験談や100切りできた理由を教えて欲しい

 

今回は、こんなアマチュアゴルファーなら誰しも悩む100切りついて記事にします。内容はこんな感じです。

 

記事の内容

記事の内容

  • 100切りできない人の5つの特徴とは?
  • なぜ100切りできないのか?
  • 100切りのために必要な練習とは?

 

この記事を書いているのは

こんな僕が、実際にここまで上達できた練習法や考え方を交えながら紹介したいと思います。

 

僕自身もそうでしたが、今の世の中にはゴルフ理論が溢れすぎていて、何を信じればよいか分からなくなってしまいます。

 

でも実際に、ゴルフでスコアを出すために必要な考え方や理論は難しくありません。

 

これまで、僕自身がプロの方やシングルプレーヤーの方とラウンドやレッスンを受ける中で学んだ、ゴルフが上手くなるために本当に必要なことを紹介していきます。

 

NAOYUKI
きっと、同じアマチュアゴルファーの役に立てると思います。

 

 

 

100切り出来ない人の5つの特徴とは?

 

練習の大半をドライバーに費やす人

練習場に行って、ドライバーショットばかり練習している人をよく見かけますが、これはゴルフが上達しない人の典型的なタイプです。

 

それは、100切りためにドライバーショットの精度を上げるのは必要ですが、ドライバーばかり振っていてもドライバーは上手くならないからです。

 

プロゴルファーやシングルと呼ばれるゴルフ上級者の方々の練習内容は、スイング作りのための基礎練習やアプローチ練習に大半を費やしています。

 

僕自身もこれまで、プロの方やシングルの方を見てきて、全員に共通することは、練習でドライバーを握ることは極端に少ないということです。

 

ハーフショットや短いアプローチ練習でスイングの基礎を作った後に、ドライバーを練習することで、ドライバーは簡単に上達できます。

 

NAOYUKI
100切りの壁に悩んでいる人は、練習でドライバーショットに充てる時間をアプローチ練習等の基礎練習にしてみると、また違った結果になると思います。

 

 

練習場でフルスイングしかしない人

練習場で、毎回フルスイングばかりしている人もゴルフが上達しない典型的なパターンです。

 

皆さんも経験していると思いますが、実際にコースに行ってみると、ラウンド中にフルスイングできる機会って意外と少ないと感じるはずです。

 

これは、林の中や斜面、バンカー等々の状況でショットを打つことが多いからです。

 

特に、100切りできないゴルファーは、ショットの精度が高くないのでこういった状況下でショットを打つことが多いです。

 

NAOYUKI
結果的に、練習場でフルスイング練習しかしていない人は、トラブルの場面でも上手くリカバリーできずに、ミスを繰り返し、スコアを悪くしてしまうという典型的なパターンです。

 

 

スイング理論ばかり気にしている人

スイング理論やスイングの形ばかりにこだわっている人は、そのせいでゴルフが上達しないということも多々あります。

 

極論を言ってしまえば、どんなに綺麗なスイングをしていても、自分が狙ったところにボールを運ぶことが出来なければ、まったく意味がありません。

 

また、今の世の中にはスイング理論が溢れすぎていて、YouTubeや雑誌等で言われている理論の何を信じればいいのか分からないことを多いはずです。

 

ポイント

そもそも、一人一人、スイングの特徴や悩みは違うので、自分に合っているスイング理論を見つけ出すことは難しいと僕は思っています。

 

正直、僕がこれまで見てきたシングルプレーヤーの人たちの中でスイングがめちゃくちゃ綺麗だなって人はほとんどいません。

 

結局のところ、スコアを出すということだけにフォーカスすれば、どんなにへんなスイングでも、どんなにボールが曲がったとしても、狙ったところにボールを運ぶことさえできれば、スコアは間違いなく出ます。

 

つまり、ゴルフが上達するのには、スイング理論よりも大事なことが他にあるということですね。

 

ラウンド当日の朝の練習を疎かにしている人

ラウンド当日の練習を疎かにしている人も要注意です。

 

ゴルフに限らず、スポーツ全般に言えることですが、日によって調子は全く変わってきます。昨日までは上手く打ててたのに、今日は全く当たらないなんてことも日常茶飯事です。

 

そんな中で、ラウンド当日の自分の調子を知るということは、とても重要なことだと僕は考えます。

 

その日練習場でどんな球が出るのか、どんなミスをしているのかで、ラウンドの攻め方は変わってきます。

 

例えば

当日の朝にスライスが強い傾向にある場合は、ティーショットは確実に左側を狙っていく必要があります。

 

このように、練習場で自分のその日の癖をしっかりつかんでおけば、最初のティーショットから自信を持って打つことが出来るようになります。

 

逆に練習せずに、いきなりティーショットを打つというのは、その日自分の球がどっちに曲がるのか把握せずに打つという、僕にとってはギャンブルにしか思えません。

 

NAOYUKI
ラウンド当日は、時間に余裕をもって、コースへ行き、しっかり練習をしてラウンドに臨みましょう。

 

そもそも練習量が足りていない

そもそも練習量が不足しているということも十分に考えられます。

 

100切りを達成するには、練習を継続的に行うことは必須だと思います。

 

僕自身は、2カ月で100切りを達成しましたが、この間に週2~3回の練習に継続的に取り組んでいました。

 

効率的な練習を行えば、3カ月で100切りを達成することは難しくないと思っていますが、この間は最低でも週1~2回の練習は必須だと考えています。

 

結局ゴルフ、同じ運動を繰り返すスポーツなので反復的に体に染み込ませていくしか方法はないと思います。

 

はいえ、そんなに練習量取れないよ、という方も多いと思います。しかし、ゴルフの練習に大事なのは間違いなく量よりも質だと思います。

 

一回の練習が30分~1時間程度でもハーフショットや片手打ちなどの基礎練習を行えば十分に上達していきます。

 

ポイント

100切りの壁に悩んでいる人は、継続的に練習に行き、効率的な練習に取り組めるようにしましょう。

 

 

なぜ100切りできないのか?

個人的は、100切りできない人のほとんどは、練習が「練習のための練習」になっていると思います。

 

それは、練習場でナイスショットすることに意識を置きすぎているからです。大事なのは、ラウンドでナイスショットすること。

 

もっと言うと、1発でナイスショットする力だと考えています。

 

昔の僕もそうでしたが、練習場では何十球も同じクラブで打ってしまします。しかし、コースで打てるのは、最初の1球だけです。

 

練習場で、3球目、4球目にナイスショットしても、それはラウンド中はまったく無意味なものになってします。

 

100切りを早く達成したのであれば、ラウンドを想定した練習が必要になってきます。

 

では、どんな練習が必要なのか?それを具体的に解説していきます。

 

 

100切りのために必要な練習とは?

100切りに必要な練習、それはズバリ、ラウンドをシュミレーションしながら練習することです。

 

この練習に取り組むことで、ラウンドでも自分の力を出すことが出来ますし、とにかく自信を思ってショットを打てるようになってきます。

 

練習方法は、すごくシンプルです。ラウンドするコースを想定しながら1球1球真剣に打っていきます。

 

例えばこんなのホールだと想定すれば、、、

1番ホール 360y PAR4

step
1
1打目:ドライバー

step
2
2打目:8番アイアン

step
3
3打目:アプローチウェッジ

 

仮に1打目が曲がってしまった場合は、、、

step
1
1打目:ドライバー

step
2
2打目:7番アイアン(転がして近くまで寄せる)

step
3
3打目:アプローチウェッジ

 

という感じで、1球ずつクラブを持ち替えて打っていきます。

 

基本的には1球ずつ、クラブを持ち替えるのですが、1球目がどうしても満足できない場合は、2球目まで打つというようなルールを作って練習すると良いと思います。

 

NAOYUKI
この練習の中で大事なのは、林の中でボールが入ったりすることを想定することです。

 

ドライバーショットが左右どちらかに大きく曲がってしまった場合は、林の中や斜面にボールがあると想定して2打目を打ちます。

 

この時に、フルスイングで打つのでなく、クラブを短く持って転がす練習をしてみたり、軽く打つ練習をすることが大事です。

 

この練習が、ラウンド中に必ず生きてきます。

 

僕も、ラウンドする前はこの練習を行い臨んでいました。この練習に取り組みだしてから、確実にスコアが良くなったのを実感しています。

 

ちなみに、今でも僕はこの練習を行っています。

 

本気で100切りを目指したいという方は、是非この練習に取り組んでみてください!!

 

 

まとめ

100切りできない人の特徴は以下のような人

  1. 練習の大半をドライバーに費やす人
  2. フルショット練習ばかりしている人
  3. スイング理論ばかり気にしている人
  4. ラウンド当日の朝の練習を疎かにしている人
  5. そもそも練習量が足りていない人

自分がもし、あてはまっている項目があれば、そこを改善することで100切りが見えてくるかもしれません。

 

そして、100切りを本気で目指すのであれば、ラウンドをシュミレーションした練習法を是非試してみてください!

 

では、また。

-ゴルフ上達法
-, ,

Copyright© TeeMark , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.